DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

中谷、世界へ向けステップアップ(色々:05‐24‐19)

2019年05月24日 00時38分08秒 | 世界ボクシング
最近(2019年5月24日ごろ)のニュースです。

1)これまでに2014年1月に獲得したOPBF(東洋太平洋)ライト級王座を11度防衛してきた中谷 正義(井岡)。世界制覇に向けいよいよ動き出します。中谷は7月19日、米国・メリーランド州のリングで、ここまでの戦績が13戦全勝(11KO)の世界ランカー、テオフィオ ロペス(米)とIBFライト級王座への挑戦権を賭け対戦します。KO率が85パーセントという驚異的な数字を持つロペス。これまでにWBC米大陸、北米、全米、そしてNABA王座を獲得してきた中々のタイトルコレクター。世界戦ではありませんが、非常に楽しみなカードです。

2)中谷、そしてロペスのターゲットとなるのがIBFタイトル保持者のリチャード コミー(ガーナ)。コミーは今年2月、2度目の挑戦で同王座を獲得。来月28日に元WBO王者レイ バルトラン(メキシコ)を相手の初防衛戦を予定しています。

3)昨年11月、ノニト ドネア(比)と対戦し、「試合はこれからだ」という矢先に自身の背中/腰の痛みで自滅した元IBF/WBAバンタム級王者ライアン バーネット(英)。先週17日に再起戦を行い、比国のヒルベルト ゴメラに6回TKO勝利を収めています。リング復帰を果たしたバーネットは白星と共に、空位だったWBCインターナショナル・スーパーバンタム級王座の獲得に成功しています。

4)昨年末に王座交代劇が見られたWBCスーパーウェルター級戦線。6月23日に、新王者トニー ハリソン(米)と前王者ジャーメル チャーロ(米)による直再戦が米国のラスベガスで行われます。

5)2017年7月にKO負けを喫して以来リングから遠ざかっていたヘクター カマチョ2世(プエルトリコ)。先日18日に、ここ最近4連敗を喫していたビクトル アブレウ(ドミニカ)に127秒でKO勝利。2014年8月以来の白星を収めることに成功しています。戦績を59勝(33KO)7敗(4KO負け)1引き分けとしたカマチョ。8月10日には60勝目を目指し、プエルトリコのリングに立つ予定です。

6)来月初日に米国・ニューヨーク州で保持するWBAスーパーミドル級王座の初防衛戦を予定していたカラム スミス(英)。試合直前になり、ようやくその試合での挑戦者が決まりました。スミスに挑戦するのは、日本でもお馴染みの元WBAミドル級王者のアッサン エムダン(カメルーン/仏)。

コメント   この記事についてブログを書く
« ベルチェル、ナバレッタがラ... | トップ | 今週末の試合予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事