DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

村田がMVP

2018年02月15日 02時04分49秒 | 日本ボクシング
2017年の年間表彰選考会がようやく行われ、各賞受賞が次のように決定しました。たしか数年前までは年末に発表されていましたよね。

最優秀選手:
WBAミドル級第2の王者村田 諒太(帝拳):年間戦績 世界戦1勝(1KO)1敗

技能賞:
WBOスーパーフライ級王者井上 尚弥(大橋):年間戦績 世界戦3勝(3KO)

殊勲賞:
WBA/IBFライトフライ級王者田口 良一(ワタナベ):年間成績 世界戦2勝(1KO)
WBOフライ級王者木村 翔(青木):年間戦績 世界戦2勝(2KO)、無冠戦1勝(1KO)

KO賞:
WBCフライ級王者比嘉 大吾(白井・具志堅):年間戦績 世界戦3勝(3KO)、無冠戦1勝(1KO)

努力:
日本/OPBF(東洋太平洋)/WBOアジア太平洋ヘビー級王者藤本 京太郎(角海老宝石):年間成績 タイトル戦3勝(2KO)

新鋭賞:
WBCライトフライ級王者ケンシロウ(BMB):年間戦績 世界戦3勝(1KO)

優秀賞:
8人かな?

年間最高試合:
WBA/IBFライトフライ級王座統一戦:田口 対 ミラン メリンド(比)
スーパーフェザー級戦:三浦 隆司(帝拳)対 ミゲル ローマン(メキシコ)

*4年連続の指摘というか批判になります、各部門とも選出は1人に厳選すべきです。昨年から設置された優秀賞には8名ですか。昨年は12人もいました。世界王者のケンシロウが新鋭ですか、不思議なものです。

ただ、世界王者がたくさんいる中、ヘビー級で一人で奮戦している藤本が選出されたことには好意が持てます。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再起戦、復帰戦などなど(色... | トップ | ベルチェル、代役に快勝(WBC... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本ボクシング」カテゴリの最新記事