DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

京口、2階級制覇なるか(WBAライトフライ級:スーパー王座)

2018年11月21日 02時18分32秒 | 世界ボクシング
今年の大晦日、中国のマカオで予定される試合です。
WBAライトフライ級戦(スーパー王座):
王者ヘッキー ブドラー(南ア)対 挑戦者/前IBFミニマム級王者京口 紘人(ワタナベ)

*以前から噂されていた一戦が正式に発表されました。ブドラーは5月に、東京で京口の先輩田口 良一を僅差の判定で破り、当時田口が保持していた同王座とIBFのベルトを奪取。その試合直後から、田口との再戦、または京口との防衛戦を行うと推測されていました。田口との試合では、前王者の前に何とか逃げ切ったという試合を演じた南アフリカ人。すでに世界王座を獲得した京口ですが、まだまだこれからの選手。京口がマカオの地で2階級制覇を達成する可能性はかなり高いのではないでしょうか。

話は少々それます。ブドラー戦後、現役からの引退を示唆していた田口。しかし来年早々に、一階級上のWBO王者田中 恒成(畑中)への挑戦へ向け、両陣営が交渉中だそうです。


現在(2018年11月)のWBAライトフライ級戦線を見てみましょう。

スーパー王者:ブドラー
レギュラー王者:カルロス カニザレス(ベネズエラ)
1位:京口
2位:日本王者久田 哲也(ハラダ)
4位:田口
7位:いまだに同級にランキングされている八重樫 東(大橋)


このWBAライトフライ級戦は、すでに発表されているWBOスーパーフライ級王座決定戦、ドニー ニエテス(比)対 井岡 一翔(Sankyo)と同じ興行で行われます。何でももう一つの世界戦も組み込まれすそうですが、その一戦も近々発表されることでしょう。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« グロワッキー、ウシクの格下... | トップ | 久田、貫禄V5(日本ライトフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事