DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

2階級王座同時保持OK(色々:02‐12‐19)

2019年02月12日 00時38分01秒 | 世界ボクシング
最近(2019年2月12日ごろ)のニュースです。

1)現在WBA/WBCミドル級と、WBAスーパーミドル級の2階級に渡って世界王座を保持しているサウル アルバレス(メキシコ)。WBAはカネロ(アルバレスのニックネーム)の2階級王座同時保持を今後も容認していくそうです。

2)幻の前IBFスーパーフェザー級王者尾川 堅一(帝拳)が今月2日、比国ライト級王者ロルダン アルデアを相手に2017年師走以来の実戦を行い大差判定勝利。世界“再獲得”に向けスタートを切っています。

3)モンゴル出身で、プロでの主戦場を米国に置いているツグスソク ニヤンバヤルが先月末26日、元WBAフェザー級暫定王者のクラウディオ マレロ(ドミニカ)と対戦。僅差の判定ながらも初の12ラウンドを戦い抜き、空位だったマイナー団体IBOのフェザー級王座を獲得しています。

4)WBCライトヘビー級新王者のアレクサンデル ゴズディク(ウクライナ)が来月30日、コンゴ出身のドウドウ ヌグンブを相手に、昨年師走に獲得した王座の初防衛戦を行う予定です。

5)昨年11月10日に暫定ながらWBOクルーザー級王座に返り咲いたクジストフ グロワッキー(ポーランド)。6月10日に、11月10日にWBCダイヤモンド王座を獲得している前WBC王者マイリス ブリエディス(ラトビア)とお互いの王座を賭け対戦します。両者とも、現在4団体統一王座を保持しているアレキサンデル ウシク(ウクライナ)に敗れた経験あり。敗者復活戦と言ってしまえばそれまでですが。

6)英国期待のジョシュ テーラーがいよいよ世界王座に挑戦します。テーラーの世界初挑戦は5月18日。IBFスーパーライト級王者イバン バランチェク(ベラルーシ)に挑戦します。

コメント   この記事についてブログを書く
« ルイス、大番狂わせならず(W... | トップ | プロ11戦目が決定(スーパー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事