DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ベスプーチン、同胞対決を制す(WBAウェルター級:レギュラー王座)

2019年12月04日 15時34分46秒 | 世界ボクシング

先週末11月30日、モナコで行われた試合結果です。
WBAウェルター級王座決定戦(レギュラー王座):
アレクサンダー ベスプーチン 判定3対0(116-112x3)ラジャブ ブタエフ(共に露)

*13戦全勝(9KO)のベスプーチンと、12戦全勝(9KO)のブタエフの対戦。両者ともロシア出身ながらも、米国を拠点にプロの活動をしています。西海岸が主戦場のベスプーチンは、これまでのすべての試合を米国内で行ってきました。対するブタエフは東海岸を拠点としながら、2試合、母国ロシアで実戦を経験しています。

アメリカで活躍するロシア人同士が、欧州のモナコで拳を交えた今回の戦い。ベスプーチンの技術がライバルの体力を上回り判定勝利。マニー パッキャオ(比)の格下王座の地位を手に入れる事に成功しました。

すでに慢性化してしばらくたつWBA一階級複数チャンピオン制度。会長が変わらない限り、この制度は変わらないでしょうね。


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意見番(12‐03‐19) | トップ | 銀次郎、強豪との対戦が決定... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事