DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

次は統一戦?(WBOライトヘビー級ほか)

2018年03月11日 01時25分56秒 | 世界ボクシング
今月3日、米国・ニューヨーク州で行われた試合結果です。
WBOライトヘビー級戦:
王者セルゲイ コバレフ TKO7回2分25秒 挑戦者イゴール ミカルキン(共に露)

*昨年6月、その前年に敗れているアンドレ ワード(米)との再戦で、不甲斐ない戦いを見せたコバレフ。しかし11月には早くもWBO王座に復帰し、今回の世界王座復帰後の初防衛戦でも相変わらずの安定したボクシングを見せつけました。最終的にはミカルキンの左目下の負傷が酷くなったためのTKO勝利でしたが、試合自体はコバレフのワンサイド勝利。まあ、ワードとの再戦は大不調だったと見てもいいかもしれませんね。



コバレフはWBO王座のほかにもマイナー団体のIBA、そしてEBP(Eurasian Boxing Parliament)なる王座も保持しているようですが、名前からして世界王座ではないではないですか!


WBAライトヘビー級戦:
王者ドミトリー ビボル(キルギスタン)TKO最終回1分41秒 挑戦者スリバン バレラ(キューバ)

*その才能を早くから高く評価されていたビボル。それに応えるが如く7戦目には暫定ながらも同王座を獲得。昨年、戦わずしてWBAライトヘビー級の唯一王者に昇格しました。そして今回、上記のワードには完敗を喫するも、それ以外はライトヘビー級の強豪たちを打ち破ってきたバレラと対戦。ビボルはそんな実力者を相手に、スピード豊かな見事なボクシングを展開。ライバルを全く寄せ付けず、ワンサイドの試合を最終回に終わらせています。

旧ソ連出身の2王者が同じ興行に登場し、揃って防衛に成功(しかも圧倒的な差をつけて)。やはり次は「コバレフ対ビボル」戦が実現してほしい、というのがファンの心情でしょう。

さて、2018年3月11日現在のライトヘビー級王者たちの顔ぶれを見てみましょう。

WBA:ビボル(キルギスタン/防衛回数4)
WBC:アドニス ステベンソン(カナダ/8)
IBF:アルツロ ベテルビエフ(露/0)
WBO:コバレフ(露/0)
OPBF(東洋太平洋):アーロン ライ(豪/0)

やはりステベンソンの年1試合というのが痛いですね。対戦者を選ばず、定期的に試合を行っていれば注目を浴びることが出来る選手何ですがね。OPBF王座は昨年2月に、約5年ぶりに行われましたが、この1年間試合は行われていません。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週末の試合予定 | トップ | ワイルダー、ヘビー級らしく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事