DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ジュシュア、アメリカ初上陸へ(色々:02‐19‐19)

2019年02月19日 00時09分55秒 | 世界ボクシング
最近(2019年2月19日ごろ)のニュースです。

1)ヘビー級のメジャー団体3本のベルト(IBF/WBA/WBO)を保持しているアンソニー ジョシュア(英)が6月1日、米国・ニューヨーク州のリングでジャーレル ミラー(米)の挑戦を受けます。この試合が23戦目となるジョシュア。英国外で初めての実戦となります。


(この試合はもちろん、この試合後のヘビー級戦線も気になります)


2)来月23日、ジョシュアから見て格下王者であるWBAレギュラー王者のマヌエル チャー(独)が、何年にも渡ってWBA王座への挑戦権を保持しているフレス オケンド(プエルトリコ)と防衛戦を行うようです。WBA王座への挑戦が決まるたびにその試合が中止となってきたオケンド。2014年7月から実戦から遠ざかっています。今回は是非、試合が成立してほしいものです。


(お願いだから実現して下さい)


3)本来なら2016年の夏にWBAヘビー級王者としてオケンドの挑戦を受けるはずだったのがルーカス ブラウン(豪)。その年の3月に、ルスラン チャガエフ(ウズベキスタン)から世界王座を奪うも、試合後の薬物検査に引っかかってしまい、タイトル獲得自体が幻となってしまいました。ブラウンは昨年3月、ディリアン ホワイト(英)に血祭りに上げられてしまいましたが、その後再起。現在格下相手に2連勝(2KO)を飾っています。

このブラウンが来月2日、カミール ソコロウスキー(ポーランド/Sokolowski)という6勝14敗2引き分けの選手と6回戦で対戦します。

4)近日中に発表が予定されるだろうと噂されているWBCヘビー級王座の再戦、王者ディオンディ ワイルダー(米)対タイソン フューリー(英)の一番。WBCは両者による直リターンマッチを全面的に支持していますが、それと同時に、ホワイトとドミニク ブルアジール(米)による暫定王座決定戦を行うよう指示を出しているようです。

5)OPBF(東洋太平洋)ミニマム級王者の小浦 翼(E&Jカシアス)が今年度末日(3月31日)、リト ダンテ(比)を相手に、保持する王座の4度目の防衛戦を行います。

6)ミニマム級で主要4団体のベルトを獲得してきた高山 勝成(名古屋産業大学)。念願の東京五輪出場に向けて、来月アマチュアでの初陣を果たすようです。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 板垣、3度目の正直ならず(OP... | トップ | ブラント、初防衛に成功(WBA... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事