DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ローマン、ファーマーが王座転落(2団体スーパーバンタム級ほか)

2020年01月31日 22時01分55秒 | 世界ボクシング

昨日30日・木曜日、米国・フロリダ州で行われた試合結果です。
2団体スーパーバンタム級戦:
挑戦者ムロジョン アフマダリエフ(ウズベキスタン)判定2対1(115-113x2、113-115)王者ダニエル ローマン(米)

*日本でもお馴染みのローマン。アマチュアキャリア豊富のアフマダリエフとの接戦を落とし王座から陥落。2017年9月に獲得したWBA王座と、昨年4月に吸収したIBF王座を手放す結果となっています。

新王者アフマダリエフはプロキャリア2年弱で、僅か8戦目(全勝6KO)で世界の頂点に立つことに成功。なお、IBFには現在、暫定王者として岩佐 亮佑(セレス)が君臨しています。

 

IBFスーパーフェザー級戦:
挑戦者ジョセフ ディアス 判定3対0(116-112、115-113x2)王者デビン ファーマー 

*2018年の夏に世界王座を獲得して以来、積極的に防衛戦を重ねていった『戦う王者』ファーマー。ディアスとの接戦を落とし王座から決別。この試合はファーマーにとり、4度目の防衛戦でした。

3度目の世界挑戦で念願の世界のベルトを獲得したディアス。2度目の世界挑戦では、試合自体には勝利を収めていましたが、前日計量に失敗して王座獲得はならなかった少々問題児的な選手です。その実力は早くから認められているだけに、コンディション作りをうまくこなしていけば、安定王者への道が開けるかもしれません。

 

WBOミドル級戦:
王者デメトリアス アンドラーデ(米)TKO9回2分59秒 挑戦者ルーク キーラー(アイルランド)

*試合前の掛け率では70対1で大きくリードしていたアンドラーデ。実際の試合もその掛け率に反映するもので、初回、2回と早々とダウンを奪うことに成功。試合は9回まで長引きましたが、最期はレフィリー・ストップを呼び込み、防衛記録を3に伸ばしています。


コメント   この記事についてブログを書く
« ボクシング界にも脅威、新型... | トップ | 今週末の試合予定 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事