DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

中谷、悲願の世界王座奪取(WBOフライ級)

2020年11月20日 05時45分21秒 | 世界ボクシング

今月6日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
WBOフライ級王座決定戦:
中谷 潤人(MT)KO8回2分10秒 ジャーメル マグラモ(比)

*本来なら4月に行われる予定だった軽量級注目の一戦。しかしコロナウィルスの影響で春開催は断念。真夏に延期されましたが、そこでもコロナウィルスの感染第2波の真っ最中だったために、ここでも試合は再延期。「ひょっとしたら、この試合は永久に行われないのでは?」と危惧していましたが、秋も深まった11月初旬に、ようやく開催されました。

両者の試合前の戦績は、中谷が20戦全勝(15KO)なら、マグラモのそれは24勝(20KO)1敗。どちらも勝率はもとより、軽量級とは思えない高いKO率を誇っていました。軽量級らしからぬ激しい打ち合いが見られるのではとちょっと期待していたのですが、しっかりとした技術も持ち合わせている中谷。サウスポースタイルから放つ的確なパンチでマグラモをコントロールしていきました。

最終回となった8回。中谷はパンチを見事にまとめて比国人をキャンバスに。結局マグラモはカウント内に立ち上がることが出来ず、試合はそこで終了しています。

見事なパフォーマンスを見せ、空位の王座を獲得した中谷。22歳の若者は、今後どのようなキャリアを形成していくのでしょうか。

 

中谷が世界の一角に食い込んだフライ級戦線。同級には他にどんな選手たちがベルトを腰に巻いているのでしょうか(2020年11月20日付)。

WBA(レギュラー):アルテム ダラキアン(ウクライナ/防衛回数4)
WBA(暫定):ルイス コンセプシオン(パナマ/0)
WBC:フリオ セサール マルティネス(メキシコ/2)
IBF:モルティ ムザラネ(南ア/3)
WBO:中谷 潤人(MT)
OPBF(東洋太平洋):ジェイアール ラキネル(比/3)
WBOアジア太平洋:山内 涼太(角海老宝石/0)
日本:ユーリ 阿久井 政悟(倉敷守安/1)


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガンボア、勝てず(WBCライト... | トップ | 今週末の試合予定 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事