DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

意外な苦戦。アンカハスが引き分け防衛(IBFスーパーフライ級)

2018年10月05日 02時39分36秒 | 世界ボクシング
先週9月28日・金曜日、米国・カリフォルニア州で行われた試合結果です。
IBFスーパーフライ級戦:
王者ジェルウィン アンカハス(比)引き分け(1対1:116-112、111-118、114-114)挑戦者アレハンドロ バリオス(メキシコ)

*これまでに地元比国以外にも、様々な国で実戦を行ってきたアンカハス。その過程で世界王座を獲得し、試合ごとに評価を上げてきました。その評価通り、この試合が3試合続けての米国での防衛戦となりましたが、格下と思われた挑戦者相手に予想外の苦戦を強いられてしまいました。

挑戦者バリオスは今回が23戦目の選手。これまでに2度、WBOの地域王座であるNABO戦に出場しますが両試合とも引き分けを経験。その2試合以外はすべて10回戦以下で試合を行ってきた選手です。対する王者は今回が6度目の防衛戦と、両者の戦績を比べてみると王者の絶対有利になるであろうと予想されていました。しかし結果はどちらに転んでもおかしくない引き分けという判定結果に。

試合後、「パンチのタイミングがずれていた」と漏らした王者。これまで重ねてきた5度の防衛戦で圧勝劇を演じてきた気の緩みでしょうか、6年半ぶりに白星以外の結果を自身の戦績に加えることになりました。近い将来に井岡 一翔(Sankyo)から、「組みやすしと」ラブコールが届くかもしれませんね。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« また違反!?(色々:10‐04‐18) | トップ | 今週末の試合予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事