DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

マルティネス、再起2戦目が決定(色々:09‐28‐20)

2020年09月28日 00時01分30秒 | 世界ボクシング

最近(2020年9月28日ごろ)のニュースです。

1)先月21日に、2014年6月以来のリング復帰戦を勝利を飾っている元スーパーウェルター級、ミドル級王者のセルジオ マルティネス(亜)。12月5日に次戦を予定しています。8月の試合続いてスペインのリングで試合を行う予定のマルティネス。この復帰第2戦目ではフィンランドのユッシ コイヴラと対戦します。

2)マルティネスに化けの皮が剝がされたフリオ セサール チャベス2世(メキシコ)。両者が対戦したのはもう8年も前になるんですね。そのチャベスが先週25日、無冠戦ライトヘビー級10回戦に登場。この試合が12戦目となったマリオ カサレス(メキシコ)に6回負傷判定で敗れています。チャベスは2回に、カサレスの故意のバッティングにより受けた負傷により試合継続が不可能になりました。しかしカサレスの実績を見る限り、本来ならチャベスが負ける相手ではないでしょう。

3)WBAライトヘビー級暫定王者ドミニク ボーセル(独)が来月10日、昨年11月に獲得した王座の初防衛戦を行います。ボーセルが迎えるのは、同国人の大先輩で、世界王座にあと一歩届かない実力者ロビン クラスニキ。今回が実に7年半ぶりの世界挑戦となります。

4)減量苦からWBOスーパーウェルター級王座を返上し、ミドル級に主戦場を移しているハイメ ムンギア(メキシコ)。来月30日にミドル級転向第2戦、トリアノ ジョンソン(バハマ)との一戦が決まっています。

5)以前より対戦が噂されていたWBOウェルター級王者テレンス クロフォード(米)と元IBF王者ケル ブルック(英)の一戦。11月14日に対戦することがほぼ決定したようです。

6)来月末の31日、元4団体統一クルーザー級王者オレクサンデル ウシク(ウクライナ)と常連ヘビー級世界ランカーであるデリク チソラ(英)の対戦が正式に決定。ウシクがチソラを破ることが出来れば、ヘビー級での世界挑戦が現実的となってきます。しかしここで敗れたり、苦戦したりする場合、クルーザー級への再降格を考えた方がいいでしょうね。


コメント   この記事についてブログを書く
« ヨカ、あっさりと勝利(ヘビ... | トップ | ボディー一発!テーラーが指... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事