DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

試合がドンドン決まっています(色々:11‐28‐18)

2018年11月28日 00時04分46秒 | 世界ボクシング
最近(2018年11月28日ごろ)のニュースです。

1)常に手堅いボクシングを展開し、バンタム級からフェザー級にかけて3階級を制覇してきたレオ サンタ クルス(メキシコ)。現在WBAフェザー級のスーパー王者の地位に就いています。このサンタ クルスが来年の2月16日、昨年2連敗を喫しているミゲル フローレス(米)を相手に、保持する王座の3度目の防衛戦を行います。

2)そのサンタ クルスとこれまでに2度対戦し、2つの判定負けを喫しているアブネル マレス(メキシコ)。来年2月9日に、WBAスーパーフェザー級のスーパー王座保持者のジェルボンテ デービス(米)に挑戦することが決まっています。

3)サンタ クルスからみて格下王者となるWBAフェザー級レギュラー王者ヘスス ロハス(プエルトリコ)。来年の1月26日、米国・テキサス州のリングでカシミジムのハリケーン 風太等に勝利を収めている中国人、徐灿(チャン シュ)を相手に、2017年9月に獲得した王座の初防衛戦に再度挑みます。今年9月にジョセフ ディアス(米)を相手に同王座の初防衛戦を行っていたロハスですが、その試合はディアスが前日計量に失敗。そのため試合には敗れてはいましたが、王座は保持したままでした。今回は無事勝利、防衛成功なるのでしょうか。

4)3月から空位となっているWBCバンタム級タイトル。その正規王座決定戦が来月22日、米国・ニューヨーク州で決行されます。この王座決定戦に出場するのは1位のノルディ ウーバーリ(仏)と3位で、元WBAスーパー王者のラウシー ウォーレン(米)。この試合から8日後の30日に、東京で同暫定王座決定戦、ペッチ CP フレッシュマート(タイ)対 井上 拓真(大橋)が行われます。

5)日本のリングでWBCバンタム級の王座を汚したルイス ネリ(メキシコ)。今週末12月1日に、比国のレノエル パエルを地元のリングに迎え、山中 慎介(帝拳)戦後のリング復帰2戦目を行う予定です。

6)WBOウェルター級王者テレンス クロフォード(米)が3月26日、米国・ニューヨーク州のリングで保持する王座の2度目の防衛戦を行います。今回クロフォードが迎えるのは、10年以上にWBA同級王座に就いていたルイス コラーゾ(米)。王者が手堅く防衛するでしょうが、コラーゾがその技術を発揮すれば、結構善戦するのではないでしょうか。

コメント   この記事についてブログを書く
« 休養王者、無冠戦で快勝(ク... | トップ | ビボル、元王者に快勝(WBAラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事