DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

フューリー、ワイルダーを仕留める(WBCヘビー級)

2020年02月24日 17時38分39秒 | 世界ボクシング

先週末22日・土曜日、米国・ネバダ州で行われた試合結果です。
WBCヘビー級戦:
挑戦者タイソン フューリー(英)TKO7回1分39秒 王者ディオンティー ワイルダー(米)

*2018年師走に大激戦を行った両雄による再戦。体格を生かしながら素晴らしい左ジャブで試合をコントロールしていったフューリー。3回には右クロスで、5回には左ボディーでダウンを奪うなど、試合を通じてワイルダーを圧倒。最後は7回、フューリーがワイバルをコーナーに追い詰めたところでワイルダー陣営が試合ストップを要請。英国人が一方的な試合内容で、王座交代劇を演じる事に成功。

2015年11月にウラジミール クリチコ(ウクライナ)から奪取した3団体のベルトは戦わずして放棄したフューリー。今回は世界ヘビー級王者として、どのような防衛ロードを歩んで行くのでしょうか?2015年1月に獲得し、10度守ってきた王座と決別することになったワイルダー。前王者がどのような再起路線を進んでいくのかにも注目です。


コメント   この記事についてブログを書く
« プラント、指名挑戦者に圧勝... | トップ | 最軽量級の田中、鬼門で世界... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事