DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ソロ、暫定王座の初防衛に成功(WBAスーパーウェルター級:暫定王座)

2018年12月18日 00時44分37秒 | 世界ボクシング
今月8日、フランスで行われた試合結果です。
WBAスーパーウェルター級戦(暫定王座):
王者ミシェル ソロ(仏)TKO2回 挑戦者グレグ ベンデティ(米)

*このWBAスーパーウェルター級には現在、ジャレット ハード(米)がスーパー王者、そしてIBF王座との統一王者に。ソロは3月に同暫定王座を獲得していますが、その試合の約半年前の2017年7月にカスターニョに敗れています。

今回の試合が世界戦としてどれほど価値のあるものかはわかりません。しかし試合のみを振り返ると、ソロがその右強打で米国人を完全にKO。不安定な社会情勢にある現在のフランスで、豪快な勝利を収めています。

ここ最近、同国ではWBAの世界戦が定期的に行われいます(しかも暫定王座)。1990年代後半には、5人の世界王者を同時に輩出したフランス・ボクシング界の活況を思い出してしまいます。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« アルバレス、あっさりと3階級... | トップ | スーパーウェルター級の井上... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
亀海さんラストファイトの相手ですよね!? (中野吉郎)
2018-12-18 15:21:07
ペンデティって?! 応援してましたが…けど気付いたのも試合直後でした…昔は4団体の試合は気に成ったんですが…今のWBAは度々,見落としてしまいます…
Unknown (Corleone)
2018-12-18 21:17:52
中野吉郎さん、
コメントをいただきありがとうございます。
自分はこの試合のスケジュールはしっかりとフォローしていました。しかしペンデティが亀海氏の8月に行ったラストファイトの相手だった事を見落としていました。ありがとうございます!

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事