DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

クロフォード、あっけない勝利(WBOウェルター級)

2019年04月23日 00時05分29秒 | 世界ボクシング
先週末20日・土曜日、米国・ニューヨーク州で行われた試合結果です。
WBOスーパーライト級戦:
王者テレンス クロフォード(米)TKO6回47秒 挑戦者アミア カーン(英)

*初回からダウンを奪うなどして有利に試合を進めていたクロフォード。4回からボディーに攻撃を集中させ、カーンにダメージを与えていきました。問題の6回、勢い余って低打を放ってしまった王者。当然の如くカーンには休息の時間が与えられました。

クロフォードの放った低打が故意ではなかったため(しかもこの試合を通じて初のローブロー)、減点は勿論、失格の対象にはなりませんでした。レフィリーは試合続行を促しましたが、カーンはそれに応じられず。そこで試合は終了してしまいました。


(試合を決定づけたクロフォードの低打)


試合終了直後から、カーン陣営から何ら抗議もなかったこの幕切れ。何となく(というかかなり)消化不良感の残る試合となってしまいました。

何はともあれ、圧倒的な試合内容で保持する王座の2度目の防衛に成功したクロフォード。全勝記録も35(26KO)に伸ばしています。


実力王者たちが顔を並べている現在の世界ウェルター級戦線。その王者たちは下記のようになります(2019年4月25日現在)。

WBA(スーパー):キース サーマン(米/防衛回数8)
WBA(レギュラー):マニー パッキャオ(比/1)
WBC:ショーン ポーター(米/1)
IBF:エロール スペンス(米/3)
WBO:クロフォード(2)

もう王者たちの防衛戦はいいでしょう。早く統一戦実現に向け、動き出して貰いたいですね。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ゴロフキン、再起戦が決定(... | トップ | また延期に!(WBCミニマム級... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事