DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

アンドラーデが防衛記録を伸ばす(WBOミドル級)

2021年04月20日 05時28分19秒 | 世界ボクシング

先週末17日・土曜日、米国・フロリダ州で行われた試合結果です。
WBOミドル級戦:
王者デメトリアス アンドラーデ(米)判定3対0(118-109x2、116-111)挑戦者リーアン ウィリアムス(英)

*コロナウィルスの影響で、昨年1月以来の試合登場となったアンドラーデ。2回にダウンを奪うなどして幸先のよいスタートを切りますが、結局はしぶといウィリアムスを仕留める事は出来ず。ビックマッチ実現へ向けてはアピール不足。まだまだ課題を残してしまいました。

自身2階級目の王座の4度目の防衛に成功したアンドラーデ。実力は折り紙つきなのですが、何かが足りないようです。

 

ゲナディー ゴロフキン(カザフスタン)を筆頭に、常に実力王者たちが君臨しているミドル級戦線。2021年4月20日現在の同級王者たちの顔ぶれは下記のようになります。

WBA(スーパー):村田 諒太(帝拳/防衛回数1)
WBA(暫定):クリス ユーバンク(英/0)
WBC:ジャモール チャーロ(米/3)
IBF:ゲナディー ゴロフキン(カザフスタン/1)
WBO:デメトリアス アンドラーデ(米/4)
OPBF(東洋太平洋):竹迫 司登(ワールドスポーツ/0)
WBOアジア太平洋:野中 悠樹(井岡弘樹/1)
日本:竹迫 司登(ワールドスポーツ/3)


コメント   この記事についてブログを書く
« 高山、世界2階級制覇なるか?... | トップ | 「ホリフィールド対マクブラ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事