DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

スペンス、実力者に圧勝(IBFウェルター級ほか)

2018年01月26日 00時02分16秒 | 世界ボクシング
先週末20日、米国・ニューヨーク州で行われた試合結果です。
IBFウェルター級戦:
王者エロール スペンス TKO7回終了 挑戦者レイモント ピーターソン(共に米)

*世界王者になる前から、その実力を高く評価されていたスペンス。昨年の5月に敵地のど真ん中で行われた世界初挑戦。こちらもまた実力者だったケル ブルック(英)に競り勝ち堂々の世界王座奪取に成功しています。それから8ヵ月、少々試合間隔が広がってしまいましたが、世界2階級を制覇してきた実力者ピーターソンと対戦。28歳と脂の乗った王者は、スタート時からライバルを圧倒。5回にダウンを奪い、最終的には7回終了と同時にストップに追い込んでいます。

試合の度に対戦してとの実力差を見せつけているスペンス。今年はどこまで伸びていくことになるのでしょうかね。


IBFライト級戦:
王者ロバート イースター(米)判定2対1(114-113、115-112、113-114)挑戦者ハビエル フォルトゥナ(ドミニカ)

*新年早々、体重超過という失態を演じてくれたドミニカ人。そんな選手を相手にイースターは明白な勝利を収めてくれると期待していましたがどうしてどうして。一階級下から上がってきたオーバーウェートは王者をフルラウンド苦しめることに成功。フォルトゥナは2回に減点を科されましたが、それがなければ引き分けだった事になります。

苦しみながらも保持する王座の3度目の防衛に成功したイースター。今後の奮起に期待しましょう。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 原、敵地で世界挑戦(WBOライ... | トップ | 今週末の試合予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事