DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

まずは指名防衛戦のようです(色々:07‐01‐18)

2018年07月01日 00時11分45秒 | 世界ボクシング
最近(2018年7月1日ごろ)のニュースです。

1)実現が期待される4団体統一の世界ヘビー級戦線、IBF/WBA/WBO王者アンソニー ジョシュア(英)とWBC王者ディオンティ ワイルダー(米)。どうやらジョシュアはワイルダーとの一戦に臨む前に、WBAの指名挑戦者である元WBA王者アレクサンデル ポベトキン(露)との防衛戦を行うようです。ちなみにこのロシア人は、WBOでも1位にランキングされています。

2)WBAではジョシュアから見て格下王者となるマヌエル チャー(独)。WBAから科されているフレス オケンド(プエルトリコ)との防衛戦を、9月27日にドイツで行う予定です。

3)自身の負傷のため、昨年3月から試合を行っていないキース サーマン(米)。今年に入り戦わずしてWBCウェルター級のベルトを手放しています(自ら返上)。このサーマンが8月4日、対戦相手は未定ながらも再起戦を米国・ニューヨークで予定しています。その試合にサーマンがいまだに保持しているWBAウェルター級のスーパー王座が争われるかは分かっていません。

4)その100%という驚異的なKO率から、対戦相手を探すのが常に非常に困難な状態に陥っているIBFライトヘビー級王者のアルツロ ベテルビエフ(露)。10月6日に米国内でカラム ジョンソン(英)を相手に、昨年11月に獲得した王座の初防衛戦を行います。

5)4月にノニト ドネア(比)を破りWBOフェザー級の暫定王座に就いたばかりのカール フランプトン(英)。8月18日に豪州のルーク ジャクソンを相手に初防衛戦を行います。ちなみにWBOフェザー級の正規王者オスカル バルデス(メキシコ)は、自身の怪我のためいまだに休養中。

6)4月に横浜のリングでWBCフライ級の王座を獲得したクリストファー ロサレス(ニカラグア)。8月のフランプトンの防衛戦と同じ興行で、これまでのプロキャリアが僅か5戦のパディー バーンズ(アイルランド)を相手に保持する王座の初防衛戦を行う予定です。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今週末の試合予定 | トップ | この階級、この選手(フリオ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事