DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

原、苦しい防衛戦

2013年10月24日 00時40分26秒 | 日本ボクシング
先日21日月曜日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
日本ミニマム級戦:
王者原 隆二(大橋)判定3対0(96-91x2、95-92)挑戦者國重 隆(ワタナベ)

*3回に不覚にもダウンを奪われた原。しかし國重は7回と最終10回にレスリング行為で減点一を科されています。試合全体としてはペースを握っていたようですが、原にとりアピール不足の試合内容だった模様。

ちょうど1年前に同王座を獲得した王者。これで3連続判定防衛に成功したことになります。

なお原は22日付けで既に王座を返上しています。近日中にもWBA王者宮崎 亮(井岡)が王座を返上する可能性がある最軽量級。今回の試合前までに原はWBAで6位につけています。

これまでにWBCライトフライ級、ABCOフライ級王座に挑戦、失敗を経験しているベテラン挑戦者。今回が4度目の日本王座挑戦だった國重ですが残念ながら王座獲得ならず。これで日本王座戦は2敗2引き分け。何らかのベルト獲得を果たしてもらいたいものです。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« モズレー対マンディン戦は中止に | トップ | スティグリッツ、大差判定でV2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本ボクシング」カテゴリの最新記事