DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

無印のバーネット、王座を吸収(バンタム級2団体統一戦)

2017年11月05日 00時02分22秒 | 世界ボクシング
先月21日、英国で行われた試合結果です。
2団体バンタム級王座決定戦:
IBF王者ライアン バーネット(英)判定3対0(118-110、116-112、119-109)WBA王者ザナ ザキヤノフ(カザフスタン)

*6月に、当時のIBF王者リー ハスキンス(英)に大差の判定勝利を収め世界のベルトを手にしたバーネット。今回のザキヤノフ戦後の戦績が18戦全勝(9KO)で、世界王座を獲得する前にWBO欧州、英国、WBCインターナショナル王座を獲得し、海外での試合も3度経験。それなりの経歴の持ち主であることは事実なのですが、突如と世界王座を奪取し、その数ヵ月後には統一王者に昇格ですか。何となくシンデレラ・ストーリーを連想してしまいます。

試合の方はボクサー型のバーネット対ファイター型のザキヤノフという図式。英国人は離れても、接近してもカザフスタン人を上回ったようです。

25歳の若さで2つのベルトを腰に巻くことに成功したバーネット。彼の対抗王者は下記のようになります。

WBA(スーパー):バーネット(英/防衛回数0)
WBA(レギュラー):ジェイミー マクドネル(英/1)
WBC:ルイス ネリ(メキシコ/0)
IBF:バーネット(1)
WBO:ゾラニ テテ(南ア/0)
OPBF(東洋太平洋):マーク ジャン ヤップ(比/六島/1)
日本:赤穂 亮(横浜光/1)

*同国人のマクドネルはこの記事投稿数時間後に防衛戦を行います。テテは英国を主戦場にしており、IBFは現在1位と2位が空位。バーネットの次戦、再び世界王者との対戦になりそうです。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今週末の試合予定 | トップ | プロ7戦目が再々決定(スーパ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事