DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

WBC王者も増加中(WBCスーパーライト級ほか)

2018年03月27日 00時09分19秒 | 世界ボクシング
今月17日、米国・ニューヨーク州で行われた試合結果です。
WBCスーパーライト級王座決定戦:
ホセ カルロス ラミレス 判定3対0(117-111、120-108、115-113)アミール イマム(共に米)

*この試合が行われる8日前に、レジス ブログレイス(米)が暫定王座を獲得しています。僅か1週間の間隔で、同じ階級の王座決定戦を2度も決行するとは。WBCは一体何を考えているのでしょうか(多分考えていないでしょう)。しかも現在、同「ダイヤモンド」王座にはマイキー ガルシア(米)も君臨しています。要はWBCもWBAと同じということですね。


WBCライトヘビー級王座決定戦(暫定王座):
アレクサンデル ゴスディク(ウクライナ)判定3対0(116-112、118-110、117-111)メディ アーマー(仏)

*2ヶ月後に正規王者であるアドニス ステベンソン(カナダ)が防衛戦を控えているWBCライトヘビー級戦線。そのステベンソンがここ数年、年1防衛に甘んじ、指名挑戦者であるエレイデル アルバレス(コロンビア)も世界挑戦に中々踏み出さないだけに、ライトヘビー級でのWBCの処置は分からないでもありません。ちなみにスーパーライト級同様に、このライトヘビー級にも「ダイヤモンド」王者が存在し、その座にはWBO王者セルゲイ コバレフ(露)が居座っています。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ツォイゲ、ライバルに快勝(W... | トップ | 意見番(03‐28‐18) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
2代目会長に成ってヤベェ感じですね… (中野 吉郎)
2018-04-06 00:55:06
WBO&IBFに頑張って欲しいです!!
Unknown (Corleone)
2018-04-06 03:06:57
WBA、WBCの世界戦の増加に比例するかのように、両団体のベルトのデザインも増加というか豪華になりつつあるようです。

あまりにもゴテゴテとしているベルトより、1990年代のさっぱりとしたベルトのほうが好みです。

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事