DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

怪物、全勝全KOで世界に到達

2017年11月13日 01時44分51秒 | 世界ボクシング
現地時間の一昨夜(11日・土曜日)、米国・カリフォルニア州で行われた試合結果です。
IBFライトヘビー級王座決定戦:
アルツロ べテルビエフ(露)TKO12回2分33秒 エンリコ コーリン(独)

*この試合後の戦績が12戦して全勝。そしてそのすべての試合を規定ラウンド内に終えることに成功してきているべテルビエフ。怪物と言っても過言ではないでしょう。

元々この日に対戦が予定されていた両選手ですが、IBFとWBA、そしてWBOの3冠を保持していたアンドレ ワード(米)が突如と引退を表明。その結果、べテルビエフとコーリンが3つの世界のベルトのうちの1つを争うことになりました。

攻めるロシア人と守る(逃げる?)ドイツ人という試合となったこの一戦。これまで経験した最長ラウンドが7回というべテルビエフが徐々に徐々にとコーリンを追い込んでいきます。

最終12回、ついにと言うべきでしょうか、べテルビエフの強打が炸裂しドイツ人を2度倒すことに成功。レフィリーはそこで試合を止めています。

2013年6月のデビュー時から世界獲得が確実視されていたべテルビエフ。意外に時間がかかってしまいましたが、プロ転向後4年半、ようやくスタートラインに立つ事に成功しました。今後の活躍が大いに楽しみですね。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2018年の試合が決定中(色々... | トップ | 藤本、世界へ前進?(OPBF/WB... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事