DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

チャー、世界ヘビー級王者に(WBAヘビー級:レギュラー王座)

2017年12月01日 02時29分25秒 | 世界ボクシング
先週末25日・土曜日、ドイツで行われた試合結果です。
WBAヘビー級王座決定戦(レギュラー王座):
マヌエル チャー(独)判定3対0(115-111、115-112、116-111)アレクサンデル ウスティノフ(露)

*2012年9月に、当時のWBCヘビー級王者ビタリ クリチコ(ウクライナ)に挑戦し、何も出来いないままTKO負けを喫していいるチャー。その後13戦し10勝3敗を記録。3敗の内2つはKO負けを喫しており、しかも最後に試合を行ったのは昨年9月までさかのぼります。

対するウスティノフは34勝(25KO)2敗(1KO負け)と中々の戦績の持ち主で、ここ数戦はベネズエラ、英国、ニュージーランドなど様々な国での実戦経験が目立ちます。

昨年からWBAヘビー級戦への出場を確約されていたロシア人。戦績だけ見ると、世間一般ではかなり否定的にその実力を謳われていますが、地味ながらもそれなりの実力がある選手のように思えました。

地元の大歓声を背に巨人と戦い抜いたチャー。8回にはダウンを奪っています。試合前から世界戦としては???が大いに持たれた対戦カードでしたが、ドイツ人が明白な判定勝利を収めWBAの第2の世界王座を獲得することに成功。試合後、WBAからは早くも、以前から同世界戦への出場最優先権を保持しているフレス オケンド(プエルトリコ)との対戦交渉に入るよう指令が出されています。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本国内王座(11-30-17) | トップ | 今週末の試合予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事