DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ワンヘン、余裕の50連勝(WBCミニマム級)

2018年05月04日 00時38分45秒 | 世界ボクシング
現地時間の一昨日(2日・水曜日)、タイで行われた試合結果です。
WBCミニマム級戦:
王者ワンヘン メナヨーシン(タイ)TKO5回 挑戦者リロイ エストラーダ(パナマ)

*初回、2回と中々の好スタートをきった挑戦者。サウスポースタイルから上下にパンチを打ち分け、王者と堂々と打ち合います。しかし3回になると王者のワンサイド試合に一転。この回早々、エストラーダが左を打とうとした瞬間に右のショートを合わせ、ストンといった感じでこの試合初のダウンを奪います。同じ回、今度は挑戦者が左を打ち終えた後に右を当てダウンを追加します。

続く4回、王者に傾いた試合展開にさらに歯車がかけられていきます。連打から2度のダウンを追加したワンヘン。ストップの早いレフェリーならこの回でストップしていたでしょうね。最終回となった5回、まさに雨あられの如くパンチを浴びせかけたワンヘン。5度目のダウンを奪うと同時にレフェリーは試合をストップ。安定した試合内容を披露したワンヘンは、保持する王座の9度目の防衛に成功。それと同時に、2007年1月以来のプロでの全勝記録を50の大台に乗せることに成功しました。

まあ、ワンヘンの築いてきた50連勝の質には少々(かなり?)の???が付きますが、彼が好選手であることには変わりありません。ワンヘンは50勝中、18のKO/TKO勝利があります。KO率は36パーセントと低めですが、彼の試合を見る限り、数字以上のパンチ力はあるでしょう。半年後に33歳の誕生日を迎えるワンヘンですが、これまでのすべての試合を母国タイで行ってきました。今後も地元で試合を行っていけば、連勝記録はどんどん伸びて行くことでしょう。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本国内サバイバル戦(色々... | トップ | 今週末の試合予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事