DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

近藤、届かず(IBFスーパーライト級)

2017年11月07日 00時23分56秒 | 世界ボクシング
先週末4日、米国・ニューヨーク州で行われた試合結果です。
IBFスーパーライト級王座決定戦:
セルゲイ リピネッツ(カザフスタン)判定3対0(117-111x2、118-110)近藤 明広(一力)

*世界的には勿論無名。日本国内に限ってみても、知名度が高いとは言えなかった近藤の世界初挑戦。用意された舞台は本場アメリカの大舞台。しかも出場した興行のメインは世界ヘビー級戦。

中盤戦から後半にかけ、カザフスタン人に迫りまくった近藤ですが、技術で上回るロピネッツを捕らえることは出来ず。判定は大差がついてしまいましたが、内容自体はそれほど離れたものではなかったようです。


WBCヘビー級戦:
王者デオンティー ワイルダー(米)TKO1回2分59秒 挑戦者バーメイン スティバーン(カナダ)

*2015年1月に、当時の王者だったスティバーンに判定勝利を収め現在の地位に就いたワイルダー。立場を代えて行われたこの再戦は、予想以上に短い時間で終わってしまいました。

自信満々に試合をコントロールしていくワイルダー。前王者はビビッてか、ほとんど何もすることが出来ません。初回2分過ぎ、ワン・ツーで一つ目のダウンを奪ったワイルダー。その後続けざまに2度のダウンを奪いあっという間に試合を終わらせてしまいました。

試合後の感想はミスマッチという印象もありましたが、ワイルダーのボクシングはヘビー級そのもの。迫力満点でした。

6度目の王座の防衛に成功したワイルダー。試合後はIBF/WBA王者アンソニー ジョシュア(英)との王座統一戦実現をしきりに訴えていました。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロ7戦目が再々決定(スーパ... | トップ | 尾川、王座奪取に期待(IBFス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事