DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ローマン、失格者に勝利(WBAスーパーバンタム級ほか)

2018年06月20日 00時26分39秒 | 世界ボクシング
先週末16日、米国・テキサス州で行われた試合結果です。
WBAスーパーバンタム級戦:
レギュラー王者ダニエル ローマン(米)判定3対0(116-112、118-110、120-108)前暫定王者モイセス フローレス(メキシコ)

*昨年9月、京都のリングで久保 隼(真正)に圧勝し同王座を獲得したローマン。初防衛戦は今年の2月末日、後楽園ホールで松本 亮(大橋)を大差判定で退けています。対するフローレスは2015年4月に同暫定王座を獲得。しかしそれ以来試合間隔がどんどんと空くようになり、昨年、一昨年と年1度しか試合をこなしていません。

メキシカンのブランクがちなキャリアは気になりましたが、個人的には結構注目していた一戦。しかしお見事というべきでしょうか、またまたメキシコの選手が試合前日の計量に失敗。ローマンが勝っても負けても王座は失われないというとんでもない形式で試合が行われました。

試合前に水を差されてしまった戦いでしたが、実際の試合自体は両選手がフルラウンド打ち合う好試合。ローマンが大差判定で強豪を退け、保持する王座の2度目の防衛に成功しました。


IBFウェルター級戦:
王者エロール スペンス(米)KO初回2分59秒 挑戦者カルロス オカンポ(メキシコ)

*昨年5月、強豪ケル ブルック(英)を敵地のど真ん中で破りIBFウェルター級王座の座についたスペンス。指名挑戦者オカンポをボディーでKO。ローマン同様にスペンスも保持している王座のV2に成功しました。その全勝記録を24(21KO)の伸ばしたスペンス。今後は誰と対戦していくのでしょうか。早く他団体の世界王者との王座統一戦が見たいですね。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 伊藤、米国で世界王座獲得な... | トップ | 二人とも現役だったのか..... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事