DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

初回KO男、初の判定勝利を経験(色々:04‐30‐21)

2021年04月30日 05時32分55秒 | 世界ボクシング

最近(2021年4月30日ごろ)のニュースです。

1)プロデビューから行ってきたすべての16試合を、すべて3分以内に終わらせてきたエドガル ベルランガ(プエルトリコ)。先週末24日、デモンド ニコルソン(米)と8回戦で対戦。4度のダウンを奪い、判定勝利。連続KO、連続初回KO記録共に16でストップ。しかし全勝記録は継続中です。

2)今月21日、幻の元WBAヘビー級王者ルーカス ブラウン(豪)が、元豪州のラグビー選手で、僅か11戦のキャリアしかないポール ガレン(Gallen)に115秒でTKO負けを喫するという波乱がありました。

3)昨年2月にタイソン フューリー(英)に敗れ、WBCヘビー級王座を失ったディオンティー ワイルダー(米)。再起に向け、本格的なトレーニングを始めたようです。

4)先日25日から3度目の緊急事態宣言が執行されている東京都。それに伴い、5月初旬に後楽園ホールで予定されていた2つの興行が半月ほどスライドされています。

明日5月1日に予定されていた日本ミドル級戦、王者竹迫 司登(ワールドスポーツ)対 挑戦者国本 陸(六島)の一戦は、5月19日に再予定されました。

5)5月6日に予定されていたOPBF(東洋太平洋)ウェルター級王者豊嶋 亮太(帝拳)対 WBOアジア太平洋同級王者別府 優樹(久留米櫛間&別府優樹)による王座統一戦は、5月20日に延期となっています。

6)7月9日にハビエル フォルトゥナ(ドミニカ)との防衛戦が決まっていたWBCライト級暫定王者のライアン ガルシア(米)。自身の健康状態を理由に、その試合を突如キャンセルしています。


コメント   この記事についてブログを書く
« ロマチェンコ対中谷戦が正式... | トップ | 今週末の試合予定 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事