DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ワイルダー、フューリーは痛み分け(WBCヘビー級)

2018年12月07日 02時48分05秒 | 世界ボクシング
先週末1日、米国・カリフォルニア州で行われた試合結果です。
WBCヘビー級戦:
王者ディオンティー ワイルダー(米)引き分け1対1(115-111、112-114、113-113)挑戦者タイソン フューリー(英)

*この試合はまだダイジェストしか見ていません。その映像と、これまでのこの試合に関する記事を読んでみると、ヘビー級らしい素晴らしい試合は展開された様子。

試合全体をコントロールしたのは技術で勝ったフューリー。しかしワイルダーもその強打で9回と12回にダウンを奪い意地を見せました。出された採点は1対1の引き分けというもの。この結果に対し、「引き分けはともかく、115対111のワイルダーはないだろう」、という意見が多かったようです。

   
(共に持ち味を発揮したワイルダーとフューリー)

今回の試合の結果、お互いの全勝記録はストップ。ワイルダーは保持するWBC王座の8度目の防衛に成功するとともに、戦績を40勝(39KO)1引き分けとし、フューリーはそのレコードを27勝(19KO)としています。


(試合後、お互いの力量を認め合った両者)

現在のヘビー級でワイルダー、フューリーの対抗馬として挙げられる唯一挙げられるのが、IBF/WBA/WBOの3団体ヘビー級王座保持者のアンソニー ジョシュア(英)。22戦全勝(21KO)の凄まじい戦績の持ち主であるジョシュアは、来年4月13日に試合を予定しています。本来なら今回のWBCヘビー級戦の勝者との対戦をその日に予定していましたが、4団体ヘビー級王座統一戦の前に、「ワイルダー対フューリーII」が行われる可能性があるようです。出来ればこの3選手による三つ巴戦が実現してほしいものです。


(ヘビー級3強:ワイルダー、フューリー、ジョシュア)

『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 細川、速攻防衛に成功(日本... | トップ | 今週末の試合予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事