DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ナルバエス、潮時でしょうね(WBOバンタム級ほか)

2018年04月29日 00時02分58秒 | 世界ボクシング
今月21日、英国で行われた試合結果です。
WBOバンタム級戦:
王者ゾラニ テテ(南ア)判定3対0(120-108x3)挑戦者オマール ナルバエス(亜)

*この秋に43歳の誕生日を迎えるナルバエス。3階級制覇達成より、倒されないためのボクシングに終始してしまいました。結果は3人のジャッジ揃ってフルマークでテテの防衛を支持。そういえばナルバエスが初めてバンタム級王座に挑戦した試合、2011年10月に行われたドネアへの挑戦試合も、今回と同様108対120x3という判定結果で敗れています。超ベテランのアルゼンチン人。もうここらが潮時でしょう。


WBOフェザー級王座決定戦(暫定王座):
カール フランプトン(英)判定3対0(117-111x3)ノニト ドネア(比)

*正規王者であるオスカル バルデス(メキシコ)が負傷のために長期離脱が予想されるWBOフェザー級戦線。その留守番王座決定戦として、元世界王者同士による一戦が行われました。コンビネーションの英国人と、単発の比国人の戦い。ジャッジは要所要所にポイントをピックアップしていったフランプトンの勝利を支持しました。

何となくこの戦い、7月にマレーシアで予定されるWBAウェルター級戦の想定(予想)試合のような感じがするの私(Corleone)だけでしょうか。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週末の試合予定 | トップ | チャーロ、ジェイコブス?ど... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事