DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

スペンス対ガルシア戦が決定(色々:08‐05‐20)

2020年08月05日 11時41分55秒 | 世界ボクシング

最近(2020年8月5日ごろ)のニュースです。

1)まだまだ衰える事を知らないコロナウィルス。そんな中、ビックカードが実現することが正式に発表されました。まだまだ先の話しですが、11月21日にIBFとWBCウェルター級の2つのベルトを保持するエロール スペンス(米)が、元2階級制覇王者のダニー ガルシア(米)を迎えて防衛戦を行います。一昨年に世界王座から転落しているガルシアですが、その後は好調を維持。間違いなく好試合になるでしょうね。

2)そのガルシアから王座を奪取し、スペンスに大苦戦を強いたのが前WBC王者となるショーン ポーター(米)。ポーターは今月22日、ドイツのセベスチャン フォーメラと12回戦で対戦します。フォーメラは22戦全勝(10KO)の戦績の持ち主で、これまでにマイナー団体IBOや、WBOの地域王座を獲得してきている中々の強豪です。実力者ポーターも気の抜けない相手となるでしょう。

3)来月12日に次戦を予定していたサウル アルバレス(メキシコ)。どうやらその日に試合を行う事は難しくなってきた様子。ちなみに現在、アルバレスの対戦者候補の中で対戦が一番実現しそうなのがWBAスーパーミドル級スーパー王者のカラム スミス(英)だそうです。

4)本来なら5月に実現が予定されていた3団体ライト級王者ワシル ロマチェンコ(ウクライナ)対IBF王者テオフィモ ロペス(米)による王座統一戦。10月開催を目処に話し合いが進められていますが、実現に向け暗雲が漂い始めているようです。

5)本来なら今月15日に米国・オクラホマ州で防衛戦を予定していたWBCフライ級王者フリオ セサール マルティネス(メキシコ)。その試合はマルティネスの怪我のために延期となっています。

6)2月の初めから何度も延期となっていたWBC/WBOスーパーライト級王者ホセ カルロス ラミレス(米)対ビクトル ポストル(ウクライナ)の一戦。今月29日に米国・ネバダ州で開催される見通しです。今回は是非実現してほしいものです。


コメント   この記事についてブログを書く
« シーサケット、元王者対決を... | トップ | 「この階級、この選手」のお... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事