DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

本当に決まったのか?(色々:06‐17‐18)

2018年06月17日 00時13分20秒 | 世界ボクシング
最近(2018年6月17日ごろ)のニュースです。

1)オスカー デラホーヤ氏によると、WBAスーパー、WBCミドル級統一王者ゲナディー ゴロフキン(カザフスタン)対元スーパーウェルター級、元WBCミドル級王者サウル アルバレス(メキシコ)の再戦が決定したとか。このリマッチは、9月15日に米国ネバダ州で行われる予定だそうです。しかしこの情報、あくまでカネロのプロモーターであるデラホーヤが個人的に流したもので、実際に決定したかはまだまだ不透明です。

2)この再戦が実現しない場合、ゴロフキンとの対戦が濃厚と言われているのがWBO同級王者のビリー ジョー ソーンダース(英)。アルバレスは前WBA王者ダニエル ジェイコブス(米)が対戦者候補として名前が挙がっているようです。

3)先日、圧倒的な力量差を見せつけてWBOウェルター級王座を獲得。自身3階級目の世界王座を獲得したテレンス クロフォード(米)。対戦相手は未定ながらも、10月13日に地元である米国ネブラスカ州で初防衛戦を予定しています。

4)先月にWBOスーパーウェルター級王座を獲得したばかりの新怪物候補のハイメ ムンギア(メキシコ)が来月21日、指名挑戦者であるリーアム スミス(英)を迎え初防衛戦を行います。この試合は米国カリフォルニア州で決行される予定です。

5)WBOスーパーウェルター級戦と同じ興行にはWBAスーパーフェザー級のレギュラー王者であるアルベルト マチャド(プエルトリコ)も登場。31戦全勝(23KO)の指名挑戦者ラファエル メンサー(ガーナ)を迎え、昨年10月に獲得した王座の初防衛戦を行います。

6)長らく空位になっているIBFスーパーフェザー級タイトル。その王座決定戦が8月3日、豪州で行われます。その試合に出場するのはビリー ディブ(豪)とテビン ファーマー(米)。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今週末の試合予定 | トップ | 勅使河原、充実のV2(WBOアジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事