DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

コルバート、終盤TKOで初防衛に成功(WBAスーパーフェザー級:暫定王座)

2020年12月22日 05時52分02秒 | 世界ボクシング

今月12日、米国・コネチカット州で行われた試合結果です。
WBAスーパーフェザー級戦(暫定王座):
王者クリス コルバート(米)TKO11回1分37秒 挑戦者ハイメ アルボレダ(パナマ)

*今年の1月に、暫定王座を含め、2020年に行われた主要4団体初の世界戦に出場。日本でもお馴染みのジェスレル コラレス(パナマ)からダウンを奪い、王座を獲得したコルバート。今回の初防衛戦でも、コラレスと同じくパナマ出身のアルボレダと対戦。的確なパンチを当てていき、9回に1度、そして11回に2度のダウンを奪い、そのままTKO勝利。暫定ながらも世界王座の初防衛に成功しました。

デービス、ベルチェル等強豪選手が対抗王者として君臨しているスーパーフェザー級戦線。来年2021年に、米国期待の星コルバートが、それらの選手たちとの距離をどれだけ詰められるかが注目です。

 

コルバートを含めた、2020年12月22日現在のスーパーフェザー級の王者たちの顔ぶれを確認しておきましょう。

WBA(スーパー):ジェルボンテ デービス(メキシコ/防衛回数0)
WBA(レギュラー):レネ アルバラード(ニカラグア/0)
WBA(暫定):クリス コルバート(米/1)
WBC:ミゲル ベルチェル(メキシコ/6)
IBF:ジョセフ ディアス(米/0)
WBO:ジャメル ヘリング(米/2)
OPBF(東洋太平洋):三代 大訓(ワタナベ/4)
WBOアジア太平洋:ジョー ノイナイ(比/2)
日本:坂 晃典(仲里/0)


コメント   この記事についてブログを書く
« 世界戦が次々に中止に(色々... | トップ | 中谷、大逆転で世界に超接近... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事