DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

コミー、4度倒し初防衛に成功(IBFライト級)

2019年06月30日 03時35分51秒 | 世界ボクシング

現地時間の半日前(28日・金曜日)、米国・カリフォルニア州で行われた試合結果です。
IBFライト級戦:
王者リチャード コミー(ガーナ)KO8回54秒 挑戦者/元WBO王者レイ ベルトラン(メキシコ)

*ベルトランは4年前の2015年5月、当時空位だったWBO同級王座を粟生 隆寛(帝拳)と争っています。しかしその試合の前日計量でもリミットをオーバー。粟生との試合は行われ、圧倒的な勝利を収めたベルトランですが、試合後のドーピング検査に引っかかり、無効試合という結果を残している大がつく問題児です。

しかし今回のコミーへの挑戦試合は、厳しい現実を突きつけられました。計量に失敗したベルトランには当然のごとく罰金が科せられ、試合の方でも4度のダウンを喫する完敗。今回が世界戦での2度目の体重超過という失態を演じただけに、この試合後にも罰金以外の罰を与えられられるのではないでしょうか。

名のある強豪に快勝し、2月に獲得した王座の初防衛に成功したコミー。次は、来月19日に米国・メリーランド州で行われる同王座への挑戦者決定戦、中谷 正義(井岡)対 テオフィモ ロペス(米)の勝者との防衛戦になると予想されます。そしてその一戦を乗り越えれば、念願のワシル ロマチェンコ(ウクライナ)との王座統一戦が待っているという訳ですね!


コメント   この記事についてブログを書く
« 今週末の試合予定 | トップ | 意見番(07‐01‐19) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事