DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

コバレフ、手堅く王座に返り咲き(WBOライトヘビー級ほか)

2019年02月08日 04時18分54秒 | 世界ボクシング
先週末2日、米国・テキサス州で行われた試合結果です。
WBOライトヘビー級戦:
挑戦者セルゲイ コバレフ(露)判定3対0(120-108、116-112x2)王者エレイデル アルバレス(コロンビア)

*本来ならコバレフの計画に入っていなかったアルバレスとの再戦。昨年の8月に行われた両者の初戦では、7回KO負けを喫してしまったコバレフ。しかしその試合、KO負けを喫するまで明白なリードを保ちながら試合を進めていました。そしてその試合の勝利を前提に、WBA王者ドミトリー ビボル(キルギスタン)との王座統一戦に臨む予定でした。

まあ、ここで過去の失敗を振り返ってもしょうがないでしょう。この再戦ではコバレフ、以前のように丁寧に、そして慎重に試合を進めてフルラウンド終了。明白な判定勝利を収め、半年ぶりに所定位置に復帰。ライトヘビー級王座再統一に向け、再スタートを切ることに成功しています。


WBOフェザー級戦:
王者オスカー バルデス(メキシコ)KO7回9秒 挑戦者カルミネ トンマゾーネ(伊)

*昨年3月、体重超過のスコット キッグ(英)を大激戦の末判定で退けることに成功したバルデス。その代償として大怪我を負ってしまい、約1年間のブランクを作ってしまいました。

今回の復帰戦、ブランクのうっ憤を晴らすようなパフォーマンスを見せたバルデス。計4度のダウンを奪いKO勝利。2016年4月に獲得した王座の6度目の防衛に成功しています。バルデスが休養中、カール フランプトン(英)が同暫定王者に君臨していましたが、そのフランプトンは昨年師走にIBF王者ジョシュ ワーリントン(英)に挑戦。判定負けを喫しています。WBOからの正式な表明文を目にしたことはありませんが、多分フランプトンの保持していた暫定王座は空位になっていると思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« 意見番(02‐07‐19) | トップ | 今週末の試合予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事