DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

米国での年末興行(色々:10‐29‐19)

2019年10月29日 15時46分40秒 | 世界ボクシング

最近(2019年10月29日ごろ)のニュースです。

1)ここ数年、年末に日本でビックイベントが行われることが慣例化していますが、今年は同じ時期に米国でも注目の試合が予定されています。

12月28日、米国・ジョージア州アトランタで2大世界戦が決行されます。その一つは空位のWBAライト級レギュラー王座決定戦ジェルボンテ デービス(米)対ユリオルキス ガンボア(キューバ)となります。現在、同団体のスーパー王者には、あのワシル ロマチェンコ(ウクライナ)が君臨しています。この試合の勝者とロマチェンコによる一戦、是非見てみたいものです。

2)もう一つの世界戦はWBAライトヘビー級暫定王者ジャン パスカル(ハイチ/カナダ)の防衛戦となります。8月に暫定ながらも世界王座に返り咲いたパスカル。パスカルが迎えるのは、スーパーミドル級、ライトヘビー級の2階級で世界のベルトを獲得しているバドゥ ジャック(スウェーデン/カナダ)。

3)上記の2大世界戦の8日前、ネバダ州ラスベガスでも注目の試合が行われます。世界ミドル級王座に2度就いた経験のあるダニエル ジェイコブス(米)が、8月に約2年ぶりにリングに復帰したフリオ セサール チャベス(メキシコ)と対戦します。

4)12月23日に村田 諒太(帝拳)が、横浜のリングで7月に返り咲いたWBAミドル級王座の初防衛戦に臨みます。レギュラー王座戦が定期的に行われているにもかかわらず同月7日に暫定王座決定戦を承認した腐敗団体WBA。その試合に出場するのは元同王座保持者の実力者クリス ユーバンク(英)とマット コロボフ(露)。この試合もは米国・ニューヨーク州で決行されます。

5)当初、村田の挑戦者候補の上がっていた元WBOウェルター級王者ジェフ ホーン(豪)。しかしホーンが8月に行われた前哨戦でTKO負けを喫したため、『村田対ホーン』戦は流れる事になりました。そのホーンに昨年11月秒殺された元2階級制覇王者のアンソニー マンディン(英)。来月11月30日、同国人ジョン ウェイン パール(Parr)を相手に再起戦を行います。

6)1990年代前半にミドル級、スーパーミドル級で活躍したナイジェル ベン(英)。上記のユーバンクの実父シニアとは好敵手でした。現在55歳となったベン。何を考えてか来月23日、サキオ ビカ(豪)を相手に23年ぶりの実戦を予定していました。しかしその試合は、ベンが肩を負傷したため中止に。ベン本人曰く、「今後リングに立つことはない」との事。まずは一安心といったところでしょう。


コメント   この記事についてブログを書く
« 阿久井、速攻で日本王座奪取... | トップ | メンデス、代役に苦戦(WBOミ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事