DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ジョイス、無難に前哨戦を飾る(ヘビー級)

2020年07月31日 10時10分01秒 | 世界ボクシング

先週末25日、英国で行われた試合結果です。
ヘビー級10回戦:
ジョー ジョイス(英)KO3回57秒 マイケル ヴァリシュ(独)

*本来なら4月に、同国人のライバルであるダニエル デュボアと対戦する予定だったジョイス。その一戦はコロナウィルスの影響で延期となっています。

年内にもその一戦の実現に向け調整が行われていますが、まずはジョイスが調整試合を行いました。ジョイスが今回拳を交えたのは、中堅選手ヴァリシュ。試合前から英国人の圧勝が予想されていましたが、試合内容、結果ともその予想通りになりました。7分の間に3度のダウンを奪いドイツ人を仕留めたジョイス。デュボア戦に向け順調な調整ぶりを披露しました。

ジョイスが勝利を収め、気になるのがデュボアの動向。デュボアは来月29日、保持するWBOインターナショナル王座の防衛戦に臨む予定です。

 

ジョイス、デュボアという若手も元気な英国勢がトップ戦線を牛耳っているヘビー級戦線。その最重量級の2020年7月31日現在の王者たちの顔ぶれを見てみましょう。

WBA(スーパー):アンソニー ジョシュア(英/防衛回数0)
WBA(レギュラー):マヌエル チャー(独/0)
WBA(暫定):トレーバー ブライアン(米/0)
WBC:タイソン フューリー(英/0)
WBC(暫定):ディリアン ホワイト(英/0)
IBF:アンソニー ジョシュア(英/0)
WBO:アンソニー ジョシュア(英/0)
OPBF(東洋太平洋):空位
WBOアジア太平洋:デムシー マッキーン(豪/0)
日本:上田 龍(石神井スポーツ/0)

*王者たちの中で試合が決まっているのはホワイトのみ。ホワイトは来月22日、元WBA王者アレクサンデル ポベトキン(露)との防衛戦を行う予定です。相変わらず3人の世界王者が存在するWBA。チャーは2017年11から、ブライアンは2018年8月から防衛戦はおろか、無冠戦も行っていません。それにも関わらず世界王座の保持を許されているというのは何とも不思議なものです。


コメント   この記事についてブログを書く
« 情報色々(色々:07‐30‐20) | トップ | 今週末の試合予定 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事