DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

チュー2世、2つ目の王座獲得へ(色々:06‐08‐18)

2018年06月08日 01時32分12秒 | 世界ボクシング
最近(2018年6月8日ごろ)のニュースです。

1)元統一スーパーライト級王者コンスタンチン チュー(露/豪)の実子ティム(豪)が8月3日、同国人サムエル コロンバンの保持する豪州スーパーウェルター級王座に挑戦します。この試合がちょうどプロ10戦目となるチュー。いいペースで試合経験を積んでいっています。コロンバンのこれまでの戦績は25勝(11KO)10敗(1KO負け)1引き分け。これまでにWBOオリエンタル、マイナー団体WBFのウェルター級、豪州ビクトリア州、豪州国内スーパーウェルター級王座を獲得してきた選手。現在のチューにとって、ちょうどいいレベルの選手ではないでしょうか。

2)本来なら今週末9日に行われる予定だったWBOミドル級王者ビリー ジョー ソーンダース(英)の防衛戦、対マーティン マレー(英)の一戦は、王者の怪我のために中止。一部の噂では、ソーンダースは3団体統一王者ゲナディー ゴロフキン(カザフスタン)との4団体統一戦に向け動き出しているようです。

3)そのゴロフキンとの再戦を目論んでいるサウル アルバレス(メキシコ)。9月にゴロフキンとのリマッチが実現しない場合、ゴロフキンのWBA王座挑戦権を保持している前WBA王者ダニエル ジェイコブス(米)と対戦する可能性があるそうです。結構興味が沸きます、この対戦カードには。

4)先週末2日、メキシコでスーパーバンタム級の上位ランカー同士による対戦があり、エマヌエル ナバレッテ(メキシコ)がホセ サンマルティン(コロンビア)を最終12回に仕留めています。当初この試合は、WBAスーパーバンタム級の暫定王座決定戦で行われると発表されていましたが、あくまで挑戦者決定戦として決行されました。良いことです。

5)本来なら約1ヶ月前に行われる筈だった4団体クルーザー級の王座統一戦、IBF/WBA王者ムラト ガシエフ(露)対WBO/WBC王者アレクサンデル ウシク(ウクライナ)の新たな日程は現在までに発表されていません。

6)トーナメントの決勝として予定されているガシエフ対ウシク戦ですが、本来なら今月行われる予定だったスーパーミドル級トーナメントの決勝戦、WBAスーパー王者ジョージ グローブス(英)対カシム スミス(英)の新たな日程も未だに決定していません。早く行われてほしいですね、この2試合。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 末吉、順当に勝利(日本スー... | トップ | 今週末の試合予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事