DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

カネロ、師走に3階級制覇挑戦へ(色々:10‐11‐18)

2018年10月11日 03時21分45秒 | 世界ボクシング
最近(2018年10月11日ごろ)のニュースです。

1)先月15日に、大激戦の末ゲナディー ゴロフキン(カザフスタン)との再戦を制し、WBAミドル級のスーパー王座と、WBCミドル級王座を獲得したサウル アルバレス(メキシコ)。早くも次の一戦が発表されています。アルバレスは師走の15日に、米国・ニューヨーク州のマジソン スクエア ガーデンのリングで、一階級上のWBAレギュラー王者であるロッキー フィールディング(英)に挑戦します。その一戦がカネロ(アルバレスのニックネーム)にとって54戦目の試合となりますが、初めてのニューヨークでの試合となります。

2)この試合は、アルバレスにとって世界3階級制覇を賭けた戦いとなりますが、WBAスーパーミドル級にはスーパー王者としてカラム スミス(英)が君臨中。そのスミスは2015年11月にフィールディングと対戦し、僅か165秒で同胞を粉砕しています。

3)スミスがスーパー王者でフィールディングがレギュラー王者として君臨しているWBAスーパーミドル級戦線。そのランキングを見てみると3位にジョン ライダー、5位にクリス ユーバンク、6位にジョージ グローブス、10位にザック パーカー、12位にデビット ブロフィーが控えており、英国色がやたらに濃い階級となっています。

4)先月末29日、IBFスーパーミドル級王者ホセ ウスカテギ(ベネズエラ)が無冠戦10回戦のリングに登場。アルゼンチンのエセキエル マデルナに大差判定勝利(3対0:100-90x2、98-92)を納めています。

5)本来ならウスカテギとIBFスーパーミドル級内での王座統一戦を行うはずだったジェームス デゲール(英)。デゲールはその統一戦出場を辞退し、王座を返上しています。そのデゲールが30日、無冠戦8回戦のリングに登場。コロンビアのフィデル ムニョスに3回KO勝利を収めています。そういえばこのデゲールも英国籍でしたね。

6)もう30年も前にそのIBFスーパーミドル級王者だったグラシアーノ ロッシジャーニ(独)。今月2日、イタリア南部に位置するシチリア島で、自動車にはねられ死亡。まだ54歳という年齢でした。ご冥福をお祈りします。

1988年3月に、創世記のIBFスーパーミドル級第3代の王座に輝いたロッシジャーニ。その王座は3度防衛した後に返上。その後主戦場をライトヘビー級に移しました。IBFスーパーミドル級王座獲得からちょうど10年後の1998年3月、空位だったWBCライトヘビー級王座を獲得したロッシジャーニですが、WBCは何とスーパースター優遇策を決行。当時ヘビー級への転向を計画していたスーパースター・ロイ ジョーンズ(米)がライトヘビー級に留まることを表明したため、ロッシジャーニは暫定王者に格下げに。もちろんロッシジャーニはWBCを法で訴えて、しかも見事に勝利。同団体を破産に追い込んでいます。その後両陣営は和解に達しましたが、WBCはその時に消滅しているべきでしたね。今、改めてそう思わされます。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 三代、末吉は痛み分け(OPBF/... | トップ | シーサケット、大差判定でV3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事