DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ロマチェンコ、予想通りの圧勝(WBOスーパーフェザー級)

2017年04月13日 00時10分53秒 | 世界ボクシング
先週末8日、米国・メリーランド州で行われた試合結果です。
WBOスーパーフェザー級戦:
ワシル ロマチェンコ(ウクライナ)9回終了TKO ジェイソン ソーサ(米)

*今回の試合のために保持していたWBAレギュラー王座を返上し、ロマチェンコに挑戦したソーサ。事実上の王座統一戦と言っても過言ではないでしょう。しかしソーサにとって、ウクライナ人は速すぎ、そして技術の開きがありすぎました。

試合前の予想でも有利とされていたロマチェンコですが、流石というべきでしょうか、それに答える形で勝利。同級の他団体王者はロマチェンコとの対戦に消極的なため、今後はライト級への進出を目論んでいるそうです。


WBOクルーザー級戦:
王者アレクサンデル ウシク(ウクライナ)判定3対0(117-110x3)挑戦者マイケル ハンター(米)

*クリチコ兄弟、ロマチェンコに続いて米国進出を果たしたウクライナの実力者ウシク。これが昨年師走に続いての2度目のアメリカでの実戦となります。序盤戦はハンターの頑張りに少々手を焼いていましたが、徐々にペースを引き寄せて結局は大差の判定勝利。昨年9月に獲得した王座の2度目の防衛に成功しています。

元々実力は超一級のウシク。今年の課題はその実力をどれだけ一般のファンに認知してもらえるか、になるでしょうね。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« フラナガン、大差の判定防衛... | トップ | メキシカン・ダービーの兄弟... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事