DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ダラキャン、終盤TKO防衛に成功(WBAフライ級)

2019年06月24日 01時17分28秒 | 世界ボクシング
今月15日、ウクライナで行われた試合結果です。
WBAフライ級戦:
王者アルチュム ダラキャン(ウクライナ)TKO10回2分8秒 挑戦者デンナパー キャット二ワット(タイ)

*昨年2月、本場・米国の大舞台で、軽量級のビックネームだったブライアン ビロリア(ハワイ)に大勝し、当時空位だったWBAフライ級王座を獲得したダラキャン。「軽量級に新たのスター誕生か?」と思わせるビロリア戦のダラキャンでしたが、その後は母国ウクライナでの防衛戦が続いています。

今回ダラキャンが迎えたのが、20勝(15KO)1敗という素晴らしい戦績の持ち主で、指名挑戦者でもあるデンナパー。このタイ人は、その強打でウクライナ人を相手に大いに抵抗していきました。

試合は後半までももつれ込みましたが、最後はダラキャンの強打がさく裂。ウクライナ人の右のビックパンチを何度かクリーンヒットしたところで主審が試合をストップ。ダラキャンが3連続KO/TKO防衛に成功しています。同級にはWBO王者田中 恒成(畑中)を筆頭に、幾人かの世界レベルの日本人選手がいるだけに、今後ダラキャンがどのような路線を歩んでいくのか大いに気になるところです。


日本にも非常に親しみのあるフライ級。2019年6月24日現在の同級王者たちの顔ぶれを見てみましょう。

WBA:ダラキャン(防衛回数3)
WBC:チャーリー エドワーズ(英/1)
IBF:モルティ ムタラネ(南ア/2)
WBO:田中 恒成(畑中/1)
OPBF(東洋太平洋):ジェイアー レキネリ(比/1)
日本:中谷 潤人(M.T/0)

実績No1の田中が少々リードしている、といったところでしょうか。

コメント   この記事についてブログを書く
« ワーリントン、僅差の判定防... | トップ | ボディー一撃! カンシオが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事