DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

中川、負傷判定で初防衛に成功(日本スーパーフライ級)

2020年07月22日 19時35分30秒 | 日本ボクシング

現地時間の先ほど(22日・水曜日)、後楽園ホールで行われた試合結果です。
日本スーパーフライ級戦:
王者中川 健太(三迫)負傷判定9回3対0(88-84x2、88-83)挑戦者ユータ 松尾(ワールドスポーツ)

*今回が2度目の王座の初防衛戦となった中川。負傷判定という煮え切らない結果ながらも、3度目の正直を目指す松尾に勝利。前回の王者時代に成しえなかった初防衛に成功しました。

 

日本王者としてもまだまだという印象の中川ですが、その中川を含めた、2020年7月22日現在のスーパーフライ級の王者たちの顔ぶれを見てみましょう。

WBA(スーパー):ローマン ゴンザレス(ニカラグア/帝拳/防衛回数0)
WBA(レギュラー):ジョシュア フランコ(米/0)
WBC:ファン フランシスコ エストラーダ(メキシコ/1)
IBF:ジェルウィン アンカハス(比/8)
WBO:井岡 一翔(Reason大貴/1)
OPBF(東洋太平洋):空位
WBOアジア太平洋:福永 亮次(角海老宝石/0)
日本:中川 健太(三迫/1)

*日本との距離が非常に近い感のある同級ですが、中川が上を目指すのは、現状のままだと厳しそうですね。


コメント   この記事についてブログを書く
« ドイツでの観客動員興行(ヘ... | トップ | 続・ボクシングの興行がズラ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日本ボクシング」カテゴリの最新記事