DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

チャーロ、ジェイコブス?どちらがゴロフキンと対戦か?(WBCミドル級:暫定王座ほか)

2018年04月30日 02時45分59秒 | 世界ボクシング
今月21日、米国・ニューヨーク州で行われた試合結果です。
WBCミドル級王座決定戦(暫定王座):
ジャモール チャーロ KO2回55秒 ウーゴ センテーノ(共に米)

*今回がミドル級に転向してから2戦目となったチャーロ。WBCの恩恵からか、安易な対戦相手に快勝し同団体の暫定王座を獲得することに成功しました。

最後はコンビネーションから左フックを豪快に見舞ってライバルを完全KOしたチャーロ。KOパンチ自体は見事なもの。ただ、センテーノは何もしないままKOされてしまいましたから、これでゴロフキンの脅威誕生となったかは別問題でしょう。スピード豊かなチャーロは、確かにいいボクサーですが現時点で彼のミドル級の実力を判断すると、まだまだ???と言っていいでしょうね。


WBAスーパーフェザー級王座決定戦(なぜだかスーパー王座):
ジェルボンテ デービス(米)TKO3回2分45秒 ヘスス クエジャール(亜)

*本当に「なぜだか」スーパー王座決定戦なんですよね。いまだに全勝で、元IBF同級王者のデービス。そのボクシング能力は非常に高いものがあります。しかし彼はその同級王座を減量失敗によって失っています。対するクエジャールは元WBAフェザー級のレギュラー王座。暫定王座から始まったその王座を5度防衛に成功。しかし2016年に世界王座を失って以来1試合も行っておらず。そのキャリア前半に何試合かフェザー級リミット強の試合を行っていますが、実績今回がスーパーフェザー級の初陣戦と見ていいでしょう。同王座には現在、アルベルト マチャド(プエルトリコ)という選手が王者として君臨しており、なぜこの試合がマチャドの地位の上をいくベルトが争われてかは不思議でたまりません。「やはりWBAか」と切り捨ててしまえばそれまでですがね。

何はともあれ、ライバルに快勝し2つ目のベルトを腰に巻くことに成功したデービス。次は是非マチャドとのWBA王座内での統一戦を行って貰いたいものです。


そしてこちらは現地時間の昨夜(28日・土曜日)、こちらも上記の2試合と同じ会場で行われた試合結果です。
WBAミドル級挑戦者決定戦:
ダニエル ジェイコブス(米)判定3対0(116-111、117-110、115-112)マチエ スレツキ(ポーランド)

*実力者同士の対戦となったこの戦い。ジェイコブスが最終回にダウンを奪い、接戦ながらも明白な判定勝利を収めることに成功しました。

チャーロが獲得したのがゴロフキンの保持するWBC王座への挑戦権なら、ジェイコブスの獲得したのはWBA王座への挑戦権。本来なら、チャーロとジェイコブスが拳を交え、その勝者がゴロフキンに挑戦するのが理想的なんですがね。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ナルバエス、潮時でしょうね... | トップ | WBOアジア・太平洋王座(05-0... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事