DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

動きあり、スーパーライト級戦線(色々:06‐14‐19)

2019年06月14日 00時40分09秒 | 世界ボクシング
最近(2019年6月14日ごろ)のニュースです。

1)来月27日、米国・テキサス州のリングでWBCスーパーライト級王者ホセ カルロス ラミレス(米)とWBO同級王者モーリス フーカー(米)による王座統一戦が行われます。

2)現在同級では最強選手決定トーナメントが行われており、WBA王者レイジ プログレイス(米)とIBF王者ジョシュ テーラー(英)が決勝進出を決めています。秋ごろには両者による対決が行われると予想されますが、その試合の勝者とラミレス対フーカー戦の勝者の対戦が、是非実現させて貰いたいですね。

3)今月7日、元スーパーライト級、ウェルター級王者ザブ ジュダー(米)が米国・ニューヨーク州のリングに登場。クリテゥス セルディン(米)のボディー攻撃の前に大苦戦。最終的には11回にストップされTKO負けを喫してしまいました。勝者セルディンは空位だったNABAスーパーライト級王座獲得に成功しています。

試合後の検査で、脳内出血が見られたジュダーですが、数日後には無事退院。しかし、この試合を最後の引退が濃厚のようです。

4)WBCバンタム級王者ノルディ ウーバーリ(仏)が来月6日、カザフスタンでアーサー ビジャヌエバ(比)を相手に今年1月に獲得した王座の初防衛戦を行います。現在WBCバンタム級には暫定王者として井上 拓真(大橋)が君臨しています。

5)ウーバーリへの指名挑戦権を持っているのが、日本ボクシング界にとって憎き存在である元王者ルイス ネリ(メキシコ)。ネリは来月20日、米国・ネバダ州のリングで元WBAスーパー王者のファン カルロス パヤノ(ドミニカ)と対戦します。ネリは山中 慎介(帝拳)に2連勝を記録。パヤノは井上 尚弥(大橋)に秒殺された選手です。

6)その一週間前の13日、米国・カリフォルニア州のリングに元6階級制覇王オスカー デラホーヤ(米)の甥っ子ディエゴが登場。スーパーバンタム級で世界挑戦の経験を持つロニー リオス(米)と対戦します。この試合はWBAスーパーバンタム級のゴールド王座戦になるとも、WBAフェザー級の暫定王座決定戦になるとも言われています。せめて同団体のインター王座戦に留めて貰いたいものですね。

コメント   この記事についてブログを書く
« 伊藤、王座を守れず(WBOスー... | トップ | 今週末の試合予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事