DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

井上、奮戦も大差判定負け(WBOスーパーウェルター級)

2019年01月28日 01時06分35秒 | 世界ボクシング
現地時間の約半日ほど前(26日・土曜日)、米国・テキサス州で行われた試合結果です。
WBOスーパーウェルター級戦:
王者ハイメ ムンギア(メキシコ)判定3対0(120-108x2、119-109)挑戦者井上 岳志(ワールドスポーツ)

*試合前の掛け率では、90対1でムンギアというとんでもない差をつけられた井上。試合は日本のメディアが予想していた通り、井上が距離のギャップを克服することに専念。12ランド通し、ムンギアに迫るも、王者の手数と強打の前に大差判定負け。そのタフネスは世界一級品である事を証明した井上。課題は、今回の敗戦を今後どう生かしていくかでしょう。

昨年5月に、代役として出場した世界初挑戦で見事王座獲得に成功したムンギア。この勝利で防衛記録をすでに3に伸ばしています。

コメント   この記事についてブログを書く
« 福原、雪辱なるか?(WBCミニ... | トップ | 拓真の次戦の相手が決定(WBC... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事