DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

減量苦?

2005年02月28日 00時56分45秒 | 世界ボクシング
WBOスーパーライト級王者ミゲル コット(プエルトリコ)が地元で2度目の防衛に成功。
元王者デマーカス コーリー(米)から1ラウンド、そして5ラウンドに2度のダウンを奪いTKO勝利。
コットはこの日、157ポンド、つまりスーパーウェルター級とミドル級の中間ウェイトでリング登場(計量後)。次世代のスーパースターの当面の敵は自身の体重になりそう。

コットが一角を占めるスーパーライト級。6月に2大イベントが開催。
IBF戦:コンスタンチン チュー(豪/露)対 指名挑戦者 リッキー ハットン(英)
WBC戦:アルツロ ガッティー(米)対 2階級王 フロイド メイウェザー(米)

WBA王者ビビアン ハリス(米)との統一戦はプロモーター関係上から現在のところ無し。これらを考慮してコットのビック マッチ登場は早くても今秋以降に。
コメント (5)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 独・ハンブルク 3大世界戦 | トップ | ダウン!! »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Ken)
2005-02-28 06:25:53
コットは体重きつかったんだ(驚)でも階級上げるならせめてチューかメイウェザーと戦ってからにしてほしいですよね!コットが返上した後釜に…お~い、ボハドよ~どこ行った~??(笑)
Unknown (Corleone)
2005-02-28 11:35:20
ボハドなら実力者相手に僅差判定負けで救いようがある気が。

しかし数年前まで同階級で一番世界に近いホープだったへクター カマチョ Jr。どうしたんでしょうね?
Unknown (Ken)
2005-02-28 19:18:14
でもこの前ガッティに負けたレイハに判定負けしたんですよね。まだまだ世界挑戦は難しいですよね。そういえばボハドに初黒星をつけた、壮絶な打撃戦を演じたルビオって選手は出てこないのかな?めっちゃマイナー所だと、元WBOミドル級チャンピオンのアルマンド・クラインチって選手や、ダリウスに豪快にKO負けしたアレハンドロ・ラカトゥスなんかも密かに応援してたんですが…
Unknown (Corleone)
2005-03-02 11:44:09
Kenさん、

私も負け時と渋いところで。



WBOがマイナー王座だったころのスーパーウェルター級王者、ライトと3度対戦のブロンコ マッカート。ガッティーに黒星をつけたエンジェル マンフレディー、好感を持っていました。
Unknown (Ken)
2005-03-02 19:13:49
マンフレディーもう引退しましたよね?初めて彼を見たのがメイウェザー戦。もう5年位前かな~。。見るたびにタトゥが増えていった様な気がします。今は…!?

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事