DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

河野、現役を引退

2018年11月30日 03時16分08秒 | 日本ボクシング
WBAスーパーフライ級の王座に就くこと2度。世界タイトル戦を含め、同級の数多くの強豪たちと拳を交えてきた河野 公平(ワタナベ)が現役からの引退を発表しています。


(先輩内山 高志に続いて引退を表明)

河野が引退を表明したのは今月22日。その日は18年前の2000年、河野がデビュー戦を行った日だったそうです。河野の最終戦となったのが今年5月に豪州で行われたWBAオセアニア・バンタム級戦。その試合で河野は、現在進行中のバンタム級トーナメントに出場していたジェイソン マロニー(豪)と対戦。ダウンを奪われるなど劣勢の中、マロニーのパンチで負傷を負った河野。最終的にはその怪我が原因でTKO負けを喫してしまいました。

黒星で始まった河野のキャリア。最後も黒星で終わってしまいました。しかし常に全力投球だったボクシングスタイルに加え、誠実な人柄。日所に好感を持てる選手でした。

河野の終身戦績は33勝(14KO)12敗(2KO負け)1引き分け。獲得した王座は日本スーパーフライ級、OPBF(東洋太平洋)スーパーフライ級(2度)、そして2度のWBA同級王座。


(WBAスーパーフライ級王座を2度獲得)

彼が戦ってきた対戦者には、日本王座を獲得した中広 大悟 (広島三栄)、菊井 徹平 (花形)、プロスパー 松浦(国際)。WBC王座を獲得した佐藤 洋太(協栄)。河野と同様にWBA王座を2度獲得した名城 信男(六島)。世界3階級制覇の亀田 興毅 (亀田)に怪物・井上 尚弥(大橋)。メキシコの技師トーマス ロハス。パナマも強打者ルイス コンセプシオン。香港期待のレックス ツォー。そして井上のライバル・マロニー。まさにスーパーフライ級を中心とした強豪たちに揉まれまくった素晴らしいキャリアでした。


(河野の最高試合(?)、対亀田戦)

今後は実父が歩んできた鍼灸師の受け継ぐ可能性もあるとのこと。彼のような人物に、まず大きな失敗はないでしょう。お疲れ様。そしてありがとう。

『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ビボル、元王者に快勝(WBAラ... | トップ | 今週末の試合予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本ボクシング」カテゴリの最新記事