DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

次々に試合が決定(色々:02‐25‐16)

2016年02月25日 00時14分57秒 | 世界ボクシング
最近(2016年2月25日ごろ)のニュースです。

ここ数週間、特に大きな興行が行われなかった世界ボクシング界。今週末から次々に世界王座が絡んだ試合が行われていきますが、それらに続く興行もどんどん発表されています。

1)昨年8月、初のアメリカのリング登場でそれまでWBOクルーザー級王座を13度守ってきたマルコ フック(独)に引導を渡したクジストフ グロワッキー(ポーランド)。4月16日に米国・ニューヨーク州で初防衛戦を行います。グロワッキーに挑戦するのは、元IBF同級王者で最近はヘビー級を主戦場にしていたスティーブ カニンガム(米)。

2)WBCフライ級王者ローマン ゴンザレス(ニカラグア/帝拳)が4月23日に予定している4度目の防衛戦の相手がようやく決定。無敵ゴンザレスに挑戦するのは、2014年9月にIBF同級王者アムナット ルエンロエン(タイ)に敵地で挑戦し、1対2の判定負けを喫しているマクウィリアムス アローヨ(プエルトリコ)。

3)WBOスーパーフェザー級王者ローマン マルティネス(プエルトリコ)が来月12日、メキシコに渡り指名挑戦者ミゲル ベルチェル(メキシコ)の挑戦を受けます。ベルチェルは28勝(25KO)1敗という危険性の高い戦績の持ち主。面白い試合になりそうです。

4)同日、米国・コネチカット州でWBCフェザー級王者ゲリー ラッセル(米)がパトリック ヘイランド(アイルランド)を相手に初防衛戦を行います。ラッセルにとりこの試合は、昨年3月末ジョニー ゴンザレス(メキシコ)を破り奪取した王座の初防衛戦となります。

5)その試合の1週間前の5日(来週末)、米国の首都ワシントンDCでロビンソン カステジャノス(メキシコ)とオスカル エスカンドン(コロンビア)が空位のWBCフェザー級暫定王座を賭け対戦します。

6)最後は試合結果。先週20日、比国で比国人同士によるOPBF(東洋太平洋)フライ級戦が行われ、王者アルデン ディアレがジョナサン フランシスコ(比)に3対0(116-112、117-112、115-113)の判定勝利。10月に獲得した同王座の初防衛に成功しています。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« シュトルム、雪辱+二階級制... | トップ | 高山、まずは暫定王座獲得(O... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事