DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

豪州ダービー、96秒で決着(ミドル級)

2018年12月02日 00時14分31秒 | 世界ボクシング
現地時間の一昨日(11月30日・金曜日)、豪州で行われた試合結果です。
WBOオリエンタル・WBAオセアニア ミドル級戦:
前WBOウェルター級王者ジェフ ホーン TKO初回96秒 WBOオリエンタル王者アンソニー マンディン(共に豪)

*元ウェルター級王者ホーンと、スーパーウェルター級からクルーザー級(実際はライトヘビー級強)で活躍してきたマンディンの対戦。ミドル級で拳を交えた両者ですが、実際はスーパーウェルター級より若干重めの体重で相対しています。

現地・豪州ではかなりの盛り上がっていたと予想された一戦ですが、アッという間に試合は終わってしまいました。去る6月に、テレンス クロフォード(米)相手に一方的な試合展開の末、TKO負けを喫していたホーン。しかし今回の試合では、開始のゴングと同時に元気満々に体格で上回っているマンディンに襲い掛かっていきました。右の強打を連発し、ライバルを脅していったホーン。最後はロープ際で左フックからの連打でマンディンを沈め試合終了。ホーンが予想外の短期決戦を制し、2つの地域王座をゲッとする事に成功しました。

試合後、即引退を表明した43歳のマンディン。初回TKO負けを喫してしまい、落胆するのは分かりますが、その内リングに復帰するでしょうね。

この試合後のホーンの戦績は19勝(13KO)1敗(1KO負け)1引き分け。マンディンのそれは48勝(28KO)9敗(4KO負け)となっています。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今週末の試合予定 | トップ | フレッシュマート、ライバル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事