DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ベルトラン、苦しんで王座奪取(WBOライト級)

2018年02月18日 01時20分01秒 | 世界ボクシング
現地時間の半日ほど前(16日・金曜日)、米国・ネバダ州で行われた試合結果です。
WBOライト級王座決定戦:
レイ ベルトラン(メキシコ)判定3対0(117-111x2、116-112)挑戦者パウルス モーゼス(ナミビア)

*2015年5月に、当時空位だった同王座を粟生 隆寛(帝拳)と争うも、前日計量に失格し、加えて試合後のドーピング検査に引っかかったベルトラン。今回が4度目の世界挑戦となりました。対するモーゼスは2008年5月と、2009年1月に日本のリングに立ち、2度目の日本での試合時に小堀 祐介(角海老宝石)からWBA同級王座を奪取。その年の初防衛戦では、地元のリングで嶋田 雄大(ヨネクラ)を退けています。

ベテラン同士の一戦となった今回の王座決定戦。前半戦は両者が譲らない激しい主導権争いが続きました。6回終了時までの採点も、1対0(57-57x2、58-56)で微妙にメキシカン有利の展開。しかしベルトランが徐々に徐々に差を広げていきゲームセット。1999年7月にデビューした古豪は、44戦目(25勝7敗1引き分け)にして初の世界王座を獲得する事に成功しました。

しかしベルトランの喜びはつかの間かもしれません。苦労人は5月12日に、あのワシル ロマチェンコ(ウクライナ)の挑戦を受けるという話が出ているようです。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今週末の試合予定 | トップ | まずはグローブスが決勝進出... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事