DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

谷口、圧勝で日本の頂点に(日本ミニマム級)

2020年12月09日 05時59分50秒 | 日本ボクシング

先週3日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
日本ミニマム級王座決定戦:
谷口 将隆(ワタナベ)TKO10回37秒 佐宗 緋月(T&T)

*一年半ぶりに行われた国内最軽量級戦。昨年2月に世界王座への挑戦も経験している谷口が、今回が初のタイトル戦出場となった佐宗を相手に、初回からダウンを奪うなどして圧倒。佐宗も逆転を試みますが両者の実力差を埋める事は出来ず。試合は最終回、谷口が連打をまとめたところで終わっています。

二度目の日本王座挑戦で、念願のベルト獲得に成功した元WBOアジア太平洋王者の谷口。世界戦、OPBF(東洋太平洋)戦出場に加え、海外での試合も豊富(4戦全勝)と中々の実戦派。世界王者たちの動向如何では、来年にも世界再挑戦が見込まれそうです。

 

最軽量級の世界王者を含めた、日本のリングに関連のあるタイトルホルダーたちをまとめてみました(2020年12月9日付)。

WBA(レギュラー):ノックアウト CP フレッシュマート(タイ/防衛回数12)
WBC:パンヤ プラダブスリ(タイ/0)
IBF:ペドロ タドゥラン(比/1)
WBO:ウィルフレド メンデス(プエルトリコ/2)
OPBF(東洋太平洋):リト ダンテ(比/0)
WBOアジア太平洋:重岡 銀次朗(ワタナベ/1)
日本:谷口 将隆(ワタナベ/0)


コメント   この記事についてブログを書く
« 森、清水と対戦へ(WBOアジア... | トップ | 注目のブリッジャー級、ラン... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日本ボクシング」カテゴリの最新記事